爆発・津波





思想家 東浩紀 Twitter:
史上有数(下手すると最悪)の原発事故が起き、今後数年にわたり放射性物質が漏れ続け、もしかすると一〇年単位で封鎖区域まで作られるかもしれない「トラウマの場所」。東京はそこからわずか200キロしか離れていない、そんな都市になってしまった。ぼくはそこからなにを発信できるのだろう。。


ジャーナリスト上杉隆 Twitter:
世界中で大問題になっているプルトニウム。日本政府、大手メディアだけが安全だと言い続けている。会見で東電は相変わらず嘘を言い続けている。

社会学者 宮台真司Twitter:
東京電力原発事故の後処理をにらんでか、マスメディア、研究者、医療関係者などが、ここのところこぞってチェルノブイリの被害を低く軽く見積もる報道や解説をしてますが、現実は『原子力資料情報室通信』312号…http://ow.ly/4pu5M
ドイツ気象庁のHPにある「日本の放射能拡散予報」。日本で何時頃どこに放射性物質が降るのか確認できる。時間はUTCなので日本時間はこれに+9時間。 http://bit.ly/eLnKFa

工藤 雅敏 展 


5月に僕も個展をやらせてもらう現代美術画廊ギャラリーMさんの今月からはじまった展示です。工藤雅敏さんの絵は赤や黄色などの蛍光色をうまく使い空間を構築しています。工藤さんは山形県出身で展示初日の2日前に東日本大震災がおこり会場にはいらしていませんでした。

個人的には入って正面の森の絵とドーナツの絵がよかったです。


工藤 雅敏 展 Masatoshi Kudo
2011年3月13日(日) ~ 4月24日(日)月・火 休廊  11:00 ~ 19:00
ギャラリーエム コンテンポラリーアート
愛知県日進市岩崎町根裏24-2
http://gallery-m.cool.ne.jp/

BIOGRAPHY


設楽陸
Riku shitara



作家略歴

1985年  愛知県に生まれ
2008年 名古屋造形芸術大学 美術学科 総合造形コース卒業

個展

2009年 向こうにいけない(Space+/ 江南)
                parallel  reality(CAS /大阪)
                シミュレーテッドレアリズム(ギャラリーM / 日進)

主なグループ展

2007年  TRANSIT 2007 (GALLERY  RAKU/京都)
2008年     TRANSIT 2008 (カーネギーメロン大学ミラーギャ ラリー/ピッツバーグ)
                 Asia Students and Young  Artists Art  Festival(ソウル旧駅舎/ソウル)
                 Dual Life (愛知県美術館ギャラリー/名古屋)
2010年 あいちアートの森  (東陽倉庫テナントビル/名古屋)
                感じる世界、紡ぎだす物語 (ギャラリーM/愛知県)




僕は、TV・TVゲーム・ネット画像・動画などの視覚、情報の世界と思想、歴史の記録の世界、嘘構の世界、現実の世界を、時には対極的に、時には無差別に、時には冷ややかに、時には享楽的にキャンバスの中に大量に投入し、これらの境界を消失させる事で、視覚情報の世界も、記録の 世界も、嘘構の世界も、現実の世界も、一つの大きなデータベース世界とし て描き出します。