ホリエモン実刑判決! なんて不条理!

僕はホリエモンが嫌いではない。彼を血祭りに上げようと躍起になっている見えない奴らが嫌いなだけ!これは見せしめだ。今、この国の病根が震災・原発などを通して明確に浮き彫りになってる!



堀江「長い収監生活になるが、本でも読んで勉強したいと思っている。こういった状況になっていることについては僕に原因があった部分もあると思う。しっかり勉強して帰ってきて皆さんの役に立ちたいと思う。今やっているロケット事業などについても我々の仲間達が継続してくれる」


堀江「僕が言いたいのは健全に動いている上場企業をいきなり強制捜査をするというのは異例だし僕らしかない。山一もカネボウも潰れた会社。潰れた会社の経営陣の責任を取るということとは違う。世の中に貢献している会社に対して捜査を行った。僕は事件を起こしたつもりはない」


堀江「恥ずかしながら自分も、捕まるまでは検察に対しての具体的な知識がなかった。捕まってから僕も勉強して、日本でも有数の検察マニアになったと思う。調べれば調べるほど検察の仕組みはこわい。怖いのは検察とツーカーの記者ではなく、正義感で検察に厳しい目を向けている記者の人」


堀江「当分総選挙もないし、強いリーダーシップを持った人が出てこないと変わらない。日本はまだネット選挙活動すらできない。日本は先進国ですらないのかも、と思う」


堀江「大相撲の不祥事問題もそう。あんなことで叩いて二度と立ち上がれないようにする。そういうのはどうかと思う」


堀江「今、マイナスからのスタートだと思うが、それにはいい部分もある。これ以上悪くなることはないから。どん底まで落とされたら這い上がるしかない。這い上がるのって実は楽しい。日本全体が今つまらない感じになってるが、東北で復興にあたってる人たちは今後楽しいことが増える」


堀江「粉飾が事実だとしても、処分については不条理だなと思うが、世の中は不条理に満ちている。これが世の中の真理。僕ができるのは世の中が不公平であることを世の中に訴えていくこと」


詳しい記者会見の内容http://togetter.com/li/128371