兵士のドローイング


最近、製本の作業をやっててそれが結構重労働。膨大な作業量を前に逃げ出したくなった時に何か手を動かしたくなって描いたドローイングの中の一枚。

兵士みたいに強く突き進みたいな。人間としての弱さを自覚しながら。