爆弾量産計画

特に量産の予定は無いのだけれど、いつでも大量発注かけれるように爆弾の原型作り。工房の人達はいろいろアドバイスしてくれるし、手伝ってくれるからほんとにお世話になりっぱなし。量産のこともいろいろ教えてくれた。

僕は何かしら描く作業は、ほぼ毎日しているけど、ひたすらキャンバスに向かって描き続けるのはどうも苦手だ。(追い込みの時以外は)絵を長時間描いていると落としどころの見えない空虚感にぶつかって筆が進まなくなる。長い時間キャンバスを前に手も足も出ない状態が続くのが嫌で、絵筆を置き架空の歴史ノートの執筆や立体制作・読書に向かう、そして何かを充電したらまた絵に戻って行く、というサイクルが自分には合っている。僕にはたくさんの計画があってそれらすべてが絵の中のみに集約される訳じゃない。