モニターとコントローラーンの向こう側へ





ニュートロン東京でのグループ展に参加します。





モニターとコントローラーの向こう側へ 
- 美術とテレビゲーム -


会期 2012 9/26(水)〜10/14(日) 月曜定休

11:00〜19:00(最終日は18:00まで)

9/26(水)18:00からオープニング

☆同時開催:林勇気 個展「moments」(3F mini gallery)

<出品作家>

大竹 竜太
設楽 陸
林 勇気
米子 国司

<ステイトメント>




 ファミリーコンピューターが発売されてから時間が経過しました。現在まで、日本の社会に浸透し少なくない人々に様々な影響を与えてきたのではないでしょうか。 美術でも影響を感じさせる作家はいます。しかし、アニメやマンガの影響のようには頻繁に言及されてこなかったのではないでしょうか。 表層的な影響だけでなく、テレビゲームが作家たちに与えた影響は、もっと複雑に入り組んでいるように見えます。 サブカルチャーを美術に読み替えたという単純な言葉と方法論では語れない何かがあると推測してます。

 例えばそれは、作品を形成するルールであったり、世界の成り立たたせ方や、現実とのアクセスの方法など、いくつかの傾向と側面を感じさせます。 本展を通じてテレビゲームの影響を感じさせる作家のいくつかの側面を感じてもらえればと思っています。 そして、ひとつの文脈と傾向を形成する一歩目になればと考えております。 今後も「美術とテレビゲーム」をテーマにした展覧会を引き続き企画していきます。                           

2012年8月 林 勇気 






neutron tokyo

〒107-0062 東京都港区南青山二丁目 17-14
地下鉄銀座線「外苑前」駅より徒歩約8分
「青山一丁目」駅より徒歩約15分

 
TEL & FAX 03-3402-3021
 mail : 
info@neutron-tokyo.com






ゴールデンボム




僕の絵の中にたびたび出て来るイメージ『爆弾』の立体作品、ゴールデンボム12個が昨日完成した。思った以上のゴールドの異様な輝きに感動。業者さんに感謝。



角度や照明によって見え方がかなり変わるから写真に撮るの難しい。





いつかこのゴールデンボムを1000個くらい量産したいな。