架空の歴史年表2

新生暦437年
人類帝国軍、幕庭帝国本土(列島)に上陸。サナの戦い



新生暦438年
人類帝国ウィスタン・ミリオンフォース、バルバドーラに侵攻。



新生暦440年
使徒軍(幕庭・正教連合軍)、帝国軍を破る。

新生暦441年
命麗帝国と成国が統合し、独立大深度帝国を形成。150万の大軍勢でもって人類帝国への反攻を開始。

新生暦442年
バルバドーラ帝国皇帝ミシャニム、ハーシア連合設立。
人類帝国に対抗。

新生暦443年
人類帝国艦隊と同盟艦隊が衝突。人類史上最大の艦隊戦湾中海大会戦

新生暦444年
同盟国大深土軍、解放軍、ナルタ解放。

新生暦445年
人類帝国宰相君弟ドノミが叛乱を起こす。
人類皇帝バルバロサ失脚。

同年
君弟ドノミが神聖大州洋同盟と和平を結ぶ。
終戦、3年間の安堵始まる。

同年
神聖大州洋同盟、第三世界連合に改名。

新生暦447年
本土アルメキア・ミリオンフォース軍政官ノヴァが叛乱を起こし帝都トノスに侵攻。本土動乱

同年
軍政官ノヴァが新皇帝宣言。
人類帝国の再建を全世界に表明。
続・分裂大戦勃発

新生暦449年
350万の人類帝国軍ミリオンズが各大陸への大攻勢を開始。
エルゼナ軍・新大陸連合王国軍壊滅。

新生暦451年
エルゼナ帝国が人類帝国側につき、幕庭帝国を攻撃。

同年
新大陸連合王国軍、大深土帝国を攻撃。連合国2大国の裏切り。連合国の危機

新生暦453年
連合国軍、200万の大兵力を動員し、帝国本土に大攻勢をかける。

新生暦455年
ミリオンズ大会戦人類帝国ミリオンズと連合軍の大決戦。

新生暦457年
連合軍、帝都トノス包囲。

新生暦459年
帝都トノス陥落、大戦終結。人類帝国滅亡

新生暦460年
連合国の分割占領はじまる。同年、帝国軍事裁判にて人類皇帝に死刑判決。


(架空の歴史ノート1-2 敗者と勝者 帝国軍事裁判編)



新生暦470年
エルゼナ神聖帝国成立。

新生暦475年
法帝庁教圏が形成される。



新生暦532年
法帝庁、ルシャン教を邪教に認定。

新生暦604年
アレッポ大連山大噴火。
大審判おこる



新生暦611年
法帝庁軍のウィスタン遠征はじまる。
龍の巣の大会戦勃発

(架空の漫画ノート BARBARIAN 分断大陸 1・2・3・4巻)


4巻制作中




(下図段階)

新生暦612年
腐壊病大流行



新生暦653年
トノス真教会成立。



新生暦654年
第一次原本継承戦争勃発

新生暦667年
オトビ・ゴメス。新大陸ロノリアスに到達。






新生暦669年
第二次原本継承戦争勃発





新生暦689年
法帝庁、真教会の原本所有を承認。戦争終結。

新生暦695年
ヤンドラシャーン帝国(ヤン帝国)興る。



架空の歴史年表3へ




架空の歴史年表3



(架空の歴史ノート3 エノジアの覇権1  大帝の野望)


(架空の歴史ノート4 エノジアの覇権2  長征戦争編)

新生暦702年
ヤン帝国、旧大月王国と同盟締結。

新生暦706年
獣薬戦争勃発。(ヤン帝国対比王国)


新生暦709年
獣薬戦争。(ヤン帝国対衆帝国)

同年
大帝オロコイ、東コンスタンツ全域(東方五ヶ国)を征服。

新生暦710年
真教会大導僧ソクテス2世商盛法施行。


新生暦715年
アルメキア大陸湾中海諸国にアディナ家台頭。

新生暦711年
ウィタでヤン帝国と新華帝国の部隊が衝突。プト事変。

新生暦712年
ヤン帝国大帝オロコイと新華帝国皇帝玉宝が全面戦争に突入。長征戦争勃発。

VS

新生暦713年
新華軍の猛攻。オロコイ東方五カ国を手放す。


新生暦714年
カーン平原の戦い。新華軍の敗北。

新生暦715年
華海海戦。新華艦隊敗北。

新生暦716年
ヤン帝国黒獣騎士団と新華帝国皇帝親衛騎士団が衝突。青辺の戦い。



同年
玉宝死亡。帝都央州陥落、新華帝国滅亡

新生暦725年
オロコイ、統一通貨バイエン発効。エノジア大陸経済統合政策始まり、繁栄の時代を迎える。
パスク・ヤンドラーナの時代。


新生暦728年
アルメキア大陸にてアネッサンス運動がおこる。

(架空の歴史ノート5 アネッサンス編 )

新生暦733年
オロコイ死去。

新生暦734年
オロコイの息子ククルイ・シャーンが13才で第二代ヤン帝国大帝の座に即位。

(架空の歴史ノート7 天永栄世編)

新生暦743年
ククルイ、華皇・遊牧民世界の王・エノジア世界の王を兼任、人類帝国に次ぐ大帝国を形成する


新生暦797年
アネッサンスの巨匠ダビンデ死去。


新生暦802年
ヤン帝国第三代大帝にルビル・シャーン即位。
ヤン帝国、さらなる繁栄を享受する。

新生暦811年
アルメキア大陸の学者・芸術家・思想家が人類真意論を提唱。