みんなの黒歴史ノート 『講座3 H・Kさん(61)の場合』



愛知県在住のH・Kさん(61)は僕の知り合いで僕のノートと交換し合いっこしようという事で友達の家に遊びに行く感覚でお邪魔しました。
そして、そのノートの物量と年季に驚かされました。ノートは継続的に書いているらしく古いものだと数十年前!!
その中で僕が一番気になったノートはまさに中二の時に描いた鉄道ノートでした。部屋に閉じこもるのでは無く外に出て現場に行って調査して頭の中の世界を拡大していくパターン。




キャンパスノートのデザインの変遷とかも調べると面白いかも。





ノートに水彩絵の具、直筆の文章は何でこんなにマッチして惹きつけられるンのだろう。



このSLの絵いい!





鉄道少年、本人の中学時代の写真。自分の写真をノートに貼るパターン結構多し。










目次ページ。



 僕が小学生の時も時刻表が好きな友達がいたな。









旅に出ると必ず現地の何となく気に入ったものをノートに貼りたがる。









大人になってからのノート。


小説。

現物はもっと綺麗です。

付箋が葉っぱ。



















H・Kさんのノートは毒の部分は無いですが鉄道が好きであるというピュアさでどこまでも突き進むんだ!という建設的なおもしろさだと思います。

(準備中)
次 「講座4 ペンネーム岬裕さん(女性)の場合。中二病高得点!黒歴史ノート」