Biography





設楽陸
Riku shitara

幼い頃から絵を描いて来ました。紙にノートに広告の裏面に、テレビゲームのビビットな色彩や大胆に極端にデフォルメされた人や建物・空間・地形に魅力され、その世界観やゲームの攻略本を模写、描き加えたりしながら脳内世界を拡大させていました。それをさらに応用して図書室で歴史書を見ながら勉強用ノートに架空の設定の妄想史を描いたり

美術大学に入り絵を再び描きはじめると、自分の思考からは分断されていたはずのこれらの記憶が走馬灯のように蘇がえり、脳内を電光石火のごとく駆け巡りました。絵は学術的にコントロールして描くもの(そういった面ももちろんありますが)だと勝手に考えていた自分をアンコントロールな状態へと引き摺り込みました。ただ描く、たどたどしく彷徨う様に。その先には何もないかもしれない、ただの虚構なのかもしれない。

しかし、この有象無象な状態の中で必死にそれを凝視し繰り返し繰り返し描こうとすることで自分の創造のルーツや歴史を探り出し独創性という領域に昇華させようとしていました。この一連の作業は個人の虚構やノスタルジアを体現するだけの取るに足らないことなのかもしれません。しかし、絵画自体が虚構であるように、人が常に虚構を必要としているように、大量の虚構を消費してきたように、虚構を虚構として切り離すのではなく虚構を現実の延長線上として捉え一つの世界として共有し描く事で純度の高い絵画を生み出そうとしているのです。



略歴
1985年 愛知県に生まれ
2008年 名古屋造形芸術大学 美術学科 総合造形コース卒業

個展
2009  parallel  realityCAS /大阪)
2011  シミュレーテッドレアリズム(ギャラリーM /愛知県)
2012年 サルと兵士と爆弾と僕(ギャラリーM /愛知県)

グループ展
2008  TRANSIT 2008 (カーネギーメロン大学ミラーギャラリー/ピッツバーグ)
     Dual Life (愛知県美術館ギャラリー/名古屋)
2010年 あいちアートの森  (東陽倉庫テナントビル/名古屋)
2008  Asia Students and Young  Artists Art  Festival  (ソウル旧駅舎/ソウル)
2010年 感じる世界、紡ぎだす物語 (ギャラリーM/愛知県)
2012年 ポジション2012(名古屋市美術館/名古屋)
              モニターとコントローラーの向こう側へ(ニュートロン東京/東京)
2013    Flesh and bone (海岸通ギャラリーCASO/大阪)
2015年 Sky Over 1 (アートラボあいち大津橋/名古屋)
2016年 設楽陸&矢島与萌【MATANOZOKI】(gallery blanka/名古屋)
              となりの人びとー現代美術 in 春日井(春日井文化フォーラム/愛知)
     PLAY vol.1-表現における遊戯性-  (かわら美術館/高浜市)
2017   sign-pos  設楽陸、鈴木一太郎二人展  (art space & cafe barrack/瀬戸市)
              惑星ノマ――PLANET NO-MA  
(ボーダレス・アートミュージアムNOMA/滋賀県)

2018  なごや寺町アートプロジェクト×タネリスタジオ現代美術展 EMPOWERS 寺町とアート、繋がる輪の物語(寺町/名古屋)