Biography


 少年時代に新鮮な感覚をもって受け止めたゲームの視覚効果や物語世界への心理的傾倒を持ち続け、絵画やドローイング、ノート、陶の多チャンネルで作品を制作、発表。その世界観は原色を多用した明るい色彩で彩られた空想ゲームのステージの様であり、現実世界と交差する作家の脳内ビジョンを視覚化、個の深層心理から拡張された知性を模索する。


設楽陸
Riku shitara


作家略歴

1985年  愛知県に生まれ
2008年 名古屋造形芸術大学 美術学科 総合造形コース卒業

個展

2009年 向こうにいけない(Space+/ 江南)
                parallel  reality(CAS /大阪)
2011年    シミュレーテッドレアリズム(ギャラリーM / 日進)

主なグループ展

2007年  TRANSIT 2007 (GALLERY  RAKU/京都)
2008年     TRANSIT 2008 (カーネギーメロン大学ミラーギャ ラリー/ピッツバーグ)
                 Asia Students and Young  Artists Art  Festival(ソウル旧駅舎/ソウル)
                 Dual Life (愛知県美術館ギャラリー/名古屋)
2010年 あいちアートの森  (東陽倉庫テナントビル/名古屋)
                感じる世界、紡ぎだす物語 (ギャラリーM/愛知県)
2011年 アートエール(東海東京証券ミッドランド・プレミアサロン/名古屋)
    SHOWCASESHOW(showcase/MEGUMI OGITA GALLERY/東京)